スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しすぎる悪魔

なぜ、俺はこの本を読んだか?
理由はタイトルがイケてたから。

「やさしすぎる悪魔」
いいタイトルじゃないでっか。

日本の有名な作家を挙げてったら、
おそらくベスト3には入ってくるのでしょう。赤川次郎。

ただあまり読んだことはないのっていう。
読んでる人もあまり聞かないっていいう。
何ででしょうかね。

三毛猫も大昔にちょこっとだけ読んだくらい。
「ふたり」は名作でしたね。
あれが赤川次郎の最高傑作ですかねぇ。

まぁともあれ、10年弱ぶりくらいです。
彼の本を読むのは。

女子高生探偵ってことで、
どんなもんじゃろうかと思ってたのですが、、

相変わらず登場人物(キャラ)が古いですねぇ。
それが赤川ワールドだと言ったらそれまでですけど。。

やっぱりねぇ、何か足りないんスよね。
謎解きが深いサスペンスでもなく、
かといって、爽やかな青春でもなく、
ドラッグとか暴力とか夜の街とか出てくるわけでもなく、、

んー、なんだろう。

女子高生探偵で思い出しましたが、こないだアメリカドラマの
「ヴェロニカ・マーズ」っての見たのですが、結構おもしろいかも。

公式HPあるみたい
http://veronica-mars.jp/


やさしすぎる悪魔 (光文社文庫)やさしすぎる悪魔 (光文社文庫)
(2004/12/10)
赤川 次郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆れおなるど☆

Author:☆れおなるど☆
<最近ハマってる>
 ■ジム
 ■超高層ビル
 ■オーパーツ
 ■マジすか学園2
 ■木崎ゆりあ

最新記事
れおカウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。