スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご冗談でしょう、ファインマンさん

自分が今まで読んだことのないまったく新しいジャンルです。
ノーベル物理学者の自伝。

こういうぶっとんだ人って好きです。
そんなことなんでやるの?ってことを
楽しいからいいじゃんwみたいなノリでやってく感じ。

ノーベル賞とるような人はやはりぶっとんでないといけないのでしょう。

この本、自伝なのに変に自分を取り繕ったり、
威張るようなところもなく、
ユーモアいっぱいに書いているのがとても好感が持てます。

物理学にまったく興味ないし、まったく知らなくても
何故か楽しく読めてしまう不思議。


読後思うことは、やはり「好奇心」って大事やんってことです。

何かおもしろいことないかなぁなんてよく口にしてますが、
結局、好奇心が衰退してることが歳をとることなのかなと。

子供の頃、あるいは10代の頃は、
どこに出かけても、何を観ても、何をやっても
ある程度はおもしろかったですからね。

いつまでも子供っぽく可能性を追いかけ
楽しいからいいじゃんみたいなスタンスを貫いた
ファインマンさん的な生き方が
素晴らしい人生なんだろうなーと。


ヒマラヤほどの消しゴム一つ~
楽しい事をたくさんしたい~

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
(2000/01)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆れおなるど☆

Author:☆れおなるど☆
<最近ハマってる>
 ■ジム
 ■超高層ビル
 ■オーパーツ
 ■マジすか学園2
 ■木崎ゆりあ

最新記事
れおカウンター
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。